北海道でのいじめ・暴力・ひきこもり治療について考える。体験発表や講演、研究報告、発表会情報
北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
 
札幌市西区山の手5条5丁目1−1  TEL 011-644-5111  
HOME 開催一覧 主催・運営事務局 会則 会の歴史・沿革 プライバシーポリシー
 
HOME > 開催一覧 > 第24回 研究会開催概要
第24回 思春期の心の講演会、相談会 開催概要
体験発表4題(いじめ、不登校、自傷行為、家族、アルコール依存などからの体験発表)、研究発表5題があります。
第24回 思春期の心の講演会、相談会の概要
日 時: 2022年6月11日(土) 13時30分〜15時30分
主 催: 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会
共 催: 北海道内観療法懇話会、日本臨床内観療法研究会
会 場: 札幌太田病院 2階講堂
札幌市西区山の手5条5丁目
後 援: 北海道教育委員会、札幌市教育委員会、北海道学校保健会、札幌市学校保健会、北海道PTA連合会、札幌市PTA協議会、ニドムの会、アマリリスの会、 北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム
参加費: 無料
リーフレットとプログラム(pdf形式)

幼児から高齢者に至るいじめ、不登校、インターネット・ゲーミング依存、暴力、ニート、ひきこもり、摂食障害、自傷行為、リストカット、アルコール・薬物・ギャンブル依存などの予防、解決、癒しの場です。家庭、学校、職場などで、これらの問題で悩んでいる方、そのご家族など、どなたでもお気軽にご参加できます

プログラム
第1部 思春期の心の講演会、相談会
13:00 開場 ※会場には臨床心理士、精神保健福祉士などの専門家による、無料の相談コーナーがあります
13:30 開会挨拶 太田 健介(医療法人耕仁会理事長、札幌太田病院院長)
13:35 回復体験発表 座長:中村 俊介(札幌太田病院 診療副部長)
  @ 「人とのつながり」
A氏(10代男性)
  A 「地道な一歩から得られた回復」
B氏(10代男性)
  B 「広汎性発達障害の息子から学んだ大切な事」
C氏(10代女性家族)
14:05 休憩 会場換気 (10分)
14:15 職員の研究発表 座長:正木 慎也(札幌太田病院 診療副部長)
  @ 「多職種連携により再登校できた中学生の一例」 /パワーポイント
浅水 遥(地域福祉課 精神保健福祉士)
  A 「思春期・青年期のADHDとNSSIの関連について」 /パワーポイント
澤谷 朋恵(2階デイケア課 公認心理師)
  B 「インターネット依存の思春期患者と家族とのコミュニケーション」 /パワーポイント
小山 いずみ(地域福祉課 精神保健福祉士)
  C 「デイナイトケアにおける思春期症例の通所状況」 /パワーポイント
小林 紗香 (1階デイナイトケア 精神保健福祉士)
14:55 休憩 会場換気 (15分間)
第2部 北海道内観療法懇話会
15:10 回復体験発表 座長:佐藤 佑貴(札幌太田病院 公認心理師)
  @ 「幼少期の愛着トラウマ体験に端を発する"出世魚現象"の克服」
D氏(40代男性)
15:20 職員による研究発表 「内観療法面接者の熟達に関する研究−熟達面接者からのインタビューを通して−」 /パワーポイント
川嶋 咲世(内観療法課 公認心理師)
15:30 閉会挨拶 斉藤 一朗(札幌太田病院 診療部長)

戻る
ページ上へ
HOME開催一覧主催・運営事務局会則会の歴史・沿革プライバシーポリシー